毛抜きを使ったムダ毛処理

毛抜きを使ったムダ毛処理も肌への負担はかかる

毛抜きを使った脱毛にはカミソリでは剃毛できないような部分の脱毛をする場合や
眉毛など慎重に脱毛を行いたい部分には欠かせないムダ毛処理の方法の一つです。
一本ずつ処理をしていくという手間がかかりますが、逆にいうと一本ずつ確実に
抜いていくことでムダ毛を処理できるというメリットがあると言えるでしょう。
カミソリで剃毛するのに比べると毛抜きで一本ずつ抜いたほうが肌への負担は
ほとんどないような気もしますが、実は毛抜きを使った脱毛でも肌には負担がかかっています。
カミソリのように肌の表面に与えるダメージというよりかは、毛を抜くことによって
毛球や皮下組織といった部分へのダメージが大きくなることが考えられます。
毛抜きを使ったムダ毛処理で多い肌のトラブルは、毛を抜いたことによって
毛穴に雑菌などが入り込んでしまい肌が炎症を起こしてしまったり、ちょっとした
埋没毛のようになってしまい、抜いた直後は綺麗に見えてもまたその部分から
ムダ毛が生えてくると表面に黒いブツブツができたように見えてしまうことです。
毛抜きやカミソリを使ったセルフケアは誰でも手軽にできるものではありますが、
肌への負担は大きくなっていると考えて、セルフケア後の肌へのアフターケアも
しっかりと行っていくようにする必要があります。