本に付いている帯

本に付いている帯について

漫画とか本に付いている帯って取ってしまう派の人と残しておく派の人がいますよね。
まあそれには色々な理由があるんだと思うのですが自分の場合は最初の頃は取っておいて
コレクションの一部みたいな感じだったのですが、徐々に面倒になって今では読む時に
必ず取ってしまうようにしています。
あれが付いていると新品な感じがするというか綺麗に見えるのですが、月日が経つにつれて
出し入れする時に他の本に引っかかったり読んでいる時にヨレヨレになっているのが
気になったり、知らない間に破けたりしてしまうので逆に見た目が悪くなっていくわけです。
それであれば最初から取ってしまったほうがいいんじゃないかということですね。
いきなり取ることには最初はかなり抵抗があったんですけどね。
取ってしまえばそんなに気にならなくなってきます。
ちょっと気になるのがあれがあるのとないのでは古本として売りに出す時に査定に
プラスの影響を与えるんですかね。
よく何かを売る時には保存状態とかが大事になってくると思うのですが本に限って言うと
帯が付いているかどうかというのもその基準になるような感じがするのですが
古本屋とかで売られている本を見ているとあまり帯の付いている本を見ないような気もします。
もしかしたら買い取った時点で剥がしてしまっているのかもしれませんね。

そんなどうでもいいことを考えながら今日も読書にふけるのであります。
本 出張買取り 即日