きっと過去のことでしょう

きっと過去のことでしょう

さて、とうとう運命の日が近づいてきましたね。
これを書いているのはサッカーのワールドカップの組み合わせ抽選会の前の日です。
しかし、きっとこれをブログにアップする時はずっと後になるのでその時にはすでに
組み合わせがわかっている状態になっているのでしょう。
今回は組み合わせ抽選会の直前の試合で悪くない結果を残しているので日本は
割と他の国からも警戒されている立場になってますね。
なんとなく個人的に思うのは直前の評価が高いと結果が良くないということです。
そしてその逆も起こりうると。
それを考えると最近調子のいい日本代表は嬉しくもあり不安でもあるのです。
どちらかというとコンフェデのボロボロな感じでワールドカップに行ってほしかったなと。
これは何もドイツや南アフリカの時の日本代表だけではなくて結構優勝国を見ると
もちろん全部ではないのですが予選の時に苦しんだり前評判の低い強豪国が
優勝しているなというイメージが勝手にあるわけです。それか圧倒的に強いか。
まあ正直なところ予想とか評価なんてものはどうでもいいわけで最低でも
予選突破するという結果さえ出してくれれば過程とか内容なんてどうでもいいんですけどね。