マウスピースをして寝る

マウスピースをして寝る

最近歯ぎしり防止のためのマウスピースをして寝ています。自分ではこれまであまり
歯ぎしりをしているという感覚はなかったのですが、マウスピースをして寝ると次の
日に噛むときに使う筋肉がやたら硬直していたり、マウスピースを噛んでいる奥歯が
ちょっと痛かったりするのできっと強烈な強さで噛みしめているのだと思います。
まあ歯医者に行ったら歯が削れていると言われるぐらいなので仕方ないですね。
小さい頃はアゴがしっかりしているなんて歯科検診とかで褒められたりしたので
わりと満足していたわけですが思わぬ弊害ですね。最近は柔らかいものが増えているので
顎の力が弱くなっていることが問題視されていますがどちらかというとそっちのほうが
実はありがたいのかもしれません。マウスピースをするというのは歯ぎしりをすることで
起こる症状を防止するためであって歯ぎしり自体が直るというわけではないというのも
ちょっと気がかりなことです。いろいろ調べてみると自然と治っていたという人も
多いみたいですがいまだに原因がハッキリしないそうなのでとりあえず今はマウスピースを
して寝るしかないのですがいつまでしていればいいのか不安になる時がありますね。