レーザー脱毛による無駄毛処理

レーザー脱毛による無駄毛処理

少なくないのが、ワキ毛のレーザー脱毛の施術を美容クリニックで受けている人です。新しい毛がすぐに再生してしまいますが、ワキ毛は自宅で剃ることも可能です。たくさんの人が、カミソリによって肌が荒れてしまったりするなどのトラブルを起こしてしまっている人も多いといいます。レーザー脱毛は、厳密には永久脱毛ではありませんが何回か脱毛施術を受けるうちに、徐々に毛の再生が遅くなり量も少なくなるといいます。黒い色にだけ反応するレーザー光を使用して、毛根内にある毛母細胞を破壊するのがレーザー脱毛でのワキ毛処理方法です。レーザーをワキにあてると、毛の部分が増すので、ワキ毛が一時的に濃くなったように見える場合があります。1〜2週間で色は徐々に失われていきます。施術のときの痛みはニードル脱毛ほどではなくても多少はあるようです。ワキの下であれば、だいたい片方につき30秒で終了するほど、レーザー脱毛の施術時間は短いようです。脱毛をしたすぐ後は皮膚を保護する力が弱くなっているので、毛のう炎や熱を伴う皮膚の腫れに気を付けたほうが良いでしょう。施術後は患部をよく冷やし、軟膏などをつけてケアします。治療を受けている間は日焼けが大敵なので、ワキのレーザー脱毛は施術をするタイミングに気をつけましょう。日焼けクリームをつけてワキのレーザ脱毛のあとの皮膚のケアをすることがとても重要だといえるでしょう。