就職できない人も増えている

就職できない人も増えている

最近はある程度就職率が上昇してきているそうですがまだ就職できない若者は
増えているみたいですね。インターネットのニュースにあったのですがそもそも
自分はというと大学を卒業したものの就職活動とか一切していなかったので
これが問題かというと大してことでもないと思っているのですが大学を卒業した
人の20%以上が安定的な雇用に就いていないみたいですね。自分が思うに
世間一般的には普通に就職することが安定すると言われているので就職をして
いないと就職できない若者みたいにネガティブな感じになってしまいますが
きっと本人達はそこまで就職が重要だと思っていないような気がします。
それこそちゃんとした就職活動をしてそれでも就職することができないという
人がいたとしたらそれは問題だと思いますが、自分がそうだったようにそもそも
就職することに全く魅力を感じないという人も多いのではないかと思います。
今でも思うのですが就職なんて単なるリスクにしか思えませんからね。
まあ人それぞれ意見があると思いますがいつもサラリーマンとかそういう人を
見ると自分にはできないことをやっているので偉いなと感心してしまいます。