困難な事態に発展

困難な事態に発展

これからどういう方向性で物事を進めていけばいいのか全くわからなく
なるようなことが起こりました。きっとこういう時に自分の力が試される
のだろうと思うのですが案の定というかこういうケースが昔から苦手
なのです。いつもいろいろと策を考えるのですがどれもそれなりに
考え抜いているのですがそれが多すぎてどこから手を付ければいいのか
わからなくなるのが一番の原因だとわかっているんですけどね。
結局時間が解決するだろうと放って置くと時間は何も解決してくれない
ことに気がついて終わることがほとんどです。今回もまさにそんな
ケースに遭遇しているのでここはなんとかしたいと思っています。
これまでとは比べ物にならないくらい重大なことでもありますので。
それで早速いくつかの対処法を紙にでも書き出してみようとすると
これがまた沢山出てきてしまうんですね。ただ今回はちょっと方向性を
変えているので一つずつ潰しながらやっていくことはできそうです。
先のことばかり考えているとどうしても手が動かなくなってしまうので
ゴールは変えずに常に意識をしながら一つずつの作業をこなしていければ
いいと自分では感じているわけです。